オンライン資格確認導入について

日医標準レセプト「ORCA」利用者様向け

オンライン資格確認とは

オンライン資格確認とは、医療機関や薬局を受診する際、患者さまの被保険者資格をマイナンバーカードのICチップや健康保険証の記号番号などにより、を利用し、オンラインで確認することをいいます。
従来の資格確認の方法は、患者の健康保険証を受け取り「記号・番号・氏名・生年月日・住所」などを医療機関システムに入力する、というものでしたが、この新制度では「入力の手間」「資格過誤」「患者様の待ち時間」などの軽減・解消が可能となります。

オンライン資格確認が推進される背景

現在では医療機関や薬局で、受付時に窓口にて患者さまの健康保険証(保険証記号番号、氏名、生年月日、住所など)を確認しています。
しかし現行の制度では、窓口で資格の有効期限や正しい所有者であるかを判断することが難しいため、資格が有効であるかどうかを確認できません。
それにより、レセプト請求で正しい処理ができないことがあり、返戻作業や再請求作業が必要になるといった課題があります。

オンライン資格確認導入のメリット

導入メリットは複数ありますが、代表的なものは以下が挙げられます。

  • 保険証の⼊⼒の⼿間削減
    ⇒マイナンバーカードから最新の保険証記号番号、氏名、生年月日、住所を自動的に取り込むことができます。
  • 資格過誤によるレセプト返戻の作業削減
    ⇒患者さまの保険資格がその場でリアルタイムに確認できるようになり、結果的に資格過誤によるレセプト返戻が減り、窓口業務の負担が削減
  • 来院前に一括紹介によって資格の事前確認
    ⇒一括照会によって、患者が来院(来局)する前に予約している患者の保険資格が有効か、保険情報が変わっていないかを把握できるようになります。
  • 薬剤情報や特定健診情報が閲覧できる
    ⇒患者さまの同意を得たうえで、薬剤や特定健診などの情報を閲覧できるようになります。
  • 診療報酬の加算を算定
    ⇒オンライン資格確認システムを通じて患者の薬剤情報又は特定健診情報等を取得し、当該情報を活用して診療等を実施することに対する評価が新設されました。
    初診料に対しての加算:7点
    再診料に対しての加算:4点、
    外来診療料に対しての加算:4点
    調剤管理料 電子的保健医療情報活用加算 3点

オンライン資格確認の導入費用

顔認証付きカードリーダーは、医療機関に無償提供(病院は3台まで、診療所等は1台のみ)されます。
それ以外の費用として以下の3つがあり、一定の上限額と割合で補助金が設けられています。

  • マイナンバーカードの読取や資格確認等を行うソフトウェア・機器の導入
  • ネットワーク環境の整備
  • レセプトコンピュータ、電子カルテシステム等の既存システムの改修等

出典:厚生労働省 「オンライン資格確認の導入について(医療機関・薬局、システムベンダ向け)
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_08280.html 

注意事項

  1. 顔認証カードリーダについて
    ⇒既に申し込みが開始されております。
    ORCAの推奨機種は「株式会社アルメックス:Sma-paマイナタッチ(CPS-100W)」となります。
  2. 回線について
    ⇒オンライン請求の回線を兼用できるのはあくまでも物理的なものであり、回線種類によっては、そのままでは利用できない物もございます。
    事前調査にて確認をさせていただきます。
  3. 申請にメールアドレスが必要
    ⇒ポータルサイトでアカウントの取得(カードリーダーの申込み)等、様々な申請の際にメールアドレスが必要となります。
  4. 保険証とマイナンバーカードの紐付け
    ⇒患者様が事前にマイナンバーカードと保険証の紐付け登録を行う必要があります。
    出来ていない場合、来院時に受付で紐付けをすることになると多少時間がかかるので患者さんが多い場合に混雑が予想されます。
  5. 公費負担・地方単独事業を除く
    ⇒現時点では課題が多くあり、「協議を進める」となっております。

☞お問合せは コチラ